小浜温泉 大和屋

国道251号沿いにひっそりとした佇まいの宿が建つ。競う世間とは一線を画しているようだ。
声をかけ立ち寄り湯をお願いする。玄関ホールは椅子が両壁に並べられている。




浴場は左手にある。細い廊下の手前右側に男湯、突き当りが女湯となる。暖簾をくぐると脱衣所だ。



狭い空間には簡易な木製の棚とプラ籠があるのみ。扉を開けると8畳間ほどの浴場が現れる。
左の壁に洗い場、右に浴槽が配置されている。浴槽は円を4分割した扇型で、透明の湯が満たされている。太い湯口は少し開けられ、湯がほとばしっている。




コンクリートとタイルで造られた浴槽は長い年月を重ねているように見える。淵には湯に親しんだ跡が刻まれている。風景を楽しめるわけではなく露天もないが、一人っきりで湯に身を沈めていると穏やかな心持ちになる。不思議だ。
洗い場には混合栓が備わる。湯は温泉ではなく白湯が供給されているようだ。




分析表によれば温泉は南湯の崎温泉組合からの配湯で、複数の宿が同じ温泉を利用している。


小浜温泉 大和屋
雲仙市小浜町北本町915
0957(74)2104
ナトリウム-塩化物泉(南湯の崎温泉組合)
99.9℃
シャンプー類あり ドライヤーなし
内湯
500円
10:00~16:00
2016/2/11

小浜温泉 旅館富士屋

雲仙西登山口交差点の南エリアに国道に沿って宿が並ぶ一角がある。湯気が勢いよく吹き上がる様を眺めた後、入浴をお願いする。




奥行きのあるロビーにはソファーがゆったりと並べられ、突き当りにフロントがある。浴場入口は左手だ。
靴棚の側には無料の貴重品入れが備わる。小奇麗に整理された脱衣所では木製の棚と洗面台が迎える。綿棒なども置かれている。



扉を開けると浴室だ。浴槽は円を4分割し淵の中央が直線という変形の扇型で、中央でジャグジーが作動している。透明の湯は適温に調整されている。五感に残る臭いはない。この時湯口は閉められ湯口からの供給は見られなかった。
洗い場に供給される湯と水はむき出しのパイプを通じて蛇口に至る。湯は白湯だ。シャンプー類のほか石鹸も並ぶ。




内湯の隣には岩で組まれた 露天が配置されている。高い塀が見晴らしを遮るが、国道に面しているため仕方ない。天気が味方をすれば青空を眺めながら身を沈めることができる。湯口からは激熱の湯が注がれ、明るい土色を帯びた温泉成分の付着が見られる。




浴槽内では内湯と同じようにジャグジーが稼働している。塩味が唇を刺激するが、肌はさらりとした印象を残す。


小浜温泉 旅館富士屋
雲仙市小浜町北本町927-3
0957(74)2155 HP
ナトリウム-塩化物泉(南湯の崎温泉組合)
99.9℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
12:00~21:00
2016/2/11

小浜温泉 原爆被爆者温泉保養所新大和荘

うぐいすや旅館前の信号機から雲仙へ左折。急な上り坂を少しばかり進むと信号機が立つ。左折すると坂道の先にあるエンジ色の建物が視界に入る。
フロント入口は駐車場側(山側)になる。浴場は2階だ。




フロント右手の階段を上がり右に進むと突き当りに暖簾が下がる。貴重品は浴場入口右手にある無料ボックスに預けることができる。
脱衣所は広い。右手に洗面台、左手に脱衣棚が配置されている。その先には手洗いがある。
スリガラスの扉を開けると左右に長い浴室が現れる。左に主浴槽、右に洗い場が配置されている。正面は透明のガラス張りで、ベランダに出ることができる。左角には小さいが露天が用意されている。




内湯は熱い。透明の湯が満たされている。湯口で源泉と水がミックスされているようだ。唇に湯が触れると塩味を感じる。べた付きのないさらりとした肌印象だ。手にすくうと塩素系の臭いがする。溢れた湯は浴槽の淵を超え洗い場側へ流れ去って行く。



洗い場にはシャンプー類と石鹸が備わる。供給される湯は白湯のようだ。

露天は狭く二人入るのはつらい。湯は適温だ。





湯に身を沈めながら風景を楽しむことはできないが、露天と続くベランダには木製の長椅子があり橘湾を一望できる。建物は高台にあるため、広がる風景は一見の価値がある。


小浜温泉 原爆被爆者温泉保養所新大和荘
雲仙市小浜町北本町943
0957(75)2546 HP
含硫黄-ナトリウム-塩化物温泉
96.5℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天
500円
12:00~20:00
2016/2/11

小浜温泉 恵比須屋旅館

小浜温泉へ導く国道57号から別れ国道251号を少し進むと左手に温泉宿が並ぶ。恵比須屋旅館はその中のひとつだ。
靴を脱ぎ奥へ進み右へ折れ、さらに右へ折れ階段を数段下り進む。突き当りが浴場となる。




脱衣所は3畳間ほど、2か所に木製棚と洗面台が並ぶ。懐かしいホワイト系の縦細タイルが壁の一部を飾る。
浴室は7畳半程度の広さ。右手壁に洗い場が3か所、左に不正形の浴槽が配置されている。壁の腰上には薄い紫色のタイル、腰下には薄い茶色系のタイルが貼られている。湯は透明だが、薄っすら白く濁っている。太い湯口からは激熱の湯が注がれている。コックで調節することができる。隣には加水用の蛇口も備わる。




口に含むと塩味を感じる。これといった臭いはない。塩化物泉と思われるが、肌にべた付きはなくサラリとした浴感が残る。
湯口周辺には温泉成分と思われる白い結晶がこびりついている。




浴室の隅に水色のタイルを貼った椅子のような形をした場所がある。壁にはパイプを埋めた跡があるが、どのように使われていたのか想像できない。風呂セットを置くのには便利だ。


小浜温泉 恵比須屋旅館
雲仙市小浜町北本町930
0957(74)2201 HP
食塩泉
105℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯
600円
10:00~16:00
2016/2/11

小浜温泉 うぐいすや旅館

橘湾に面する小浜温泉の中心街には温泉宿が連なる。至る所から蒸気が噴き出ている。規模こそ小さいが、別府の湯けむりを思い起こさせる。
うぐいすや旅館の軒先からも湯気が盛んに出ている。内湯と貸し切り湯を備えた宿で、外国人や高齢の宿泊客を見かける。




内湯は1階だ。隣りあって露天風呂もあるが改修中のようで入浴不可だ。脱衣所には藤の籠がずらりと並ぶ。




扉を開けると浴室正面には左右に長い浴槽が配置されている。左手には洗い場が並ぶ。浴槽の壁にはステンドガラスが組み込まれている。
浴槽に満たされる湯は透明で、適温に調整されている。湯口の湯をすくうと、硫黄臭を感じ取れる。口に含むと塩味ととも玉子味が舌を刺激する。肌は滑らかなツルツル感に満たされしっとり落ち着く。




宿の5階と10階には貸切湯がそれぞれ2室用意されている。この日は雨のため10階の貸切湯は利用できなかったが、5階の貸切湯は提供されていた。




5階の貸切湯は国道側の4階建て別館屋上に設置されている。淵を飾る木に刻まれた凹みからは惜しげもなく溢れた湯が流れ去っていく。植栽の間から提供される眺めに文句はない。
湯をすくってみる。適温に調整されてはいるが、内湯ほどの感激はない。硫黄臭、玉子味とも感じ取ることはできなかった。



橘湾に沈む夕日を眺めながらの湯浴みは叶わなかったが、PH8.5の湯は伊達ではなく肌をしっとり潤わせる秘力を備えていた。


小浜温泉 うぐいすや旅館
雲仙市小浜町北本町905-35
0957(74)2281 HP
ナトリウム-塩化物泉
99.6℃
シャンプー類あり ドライヤーあり
内湯 露天(工事中で入浴不可)
500円
貸切湯:1000円/人(要予約)
5階に2室 10階に2室(雨天時入浴不可)
12:00~22:00
2015/11/17~18